ED治療人気ランキング

自分に合うのを見つけるには、4つを試してみよう!

ED治療薬の比較

シアリス

カマグラ

レビトラ

バイアグラ

勃起力△

副作用◎

持続力

勃起力◎

副作用△

持続力

勃起力○

副作用○

持続力

勃起力◎

副作用△

持続力

医師と十分に相談して治療法を決定してくだい。

 

シアリスの副作用

シアリスとは2007年から、日本でも販売されているED治療薬です。従来のED治療薬とは違い、36時間まで効果が持続するということで、体内に吸収させてしまえば食事などの影響を受けないため、ED患者にとっては、服用しやすいED治療薬の一つでもあります。
金曜日の夜に服用すれば、日曜日の昼間まで長時間作用することから”ウィークエンドピル”
とも呼ばれています。2002年にED治療薬として発売され、2013年には世界シェアが42パーセントにもなった、世界100国以上、1000万人以上の患者さんにED治療薬として愛されています。

さて、そんな人気を誇るシアリスですが、当然ながら副作用もあります。シアリスに含まれる成分はタダラフィルです。バイアグラのシルデナフィルとは違った成分になります。
このタダラフィルはED治療薬のみとしてではなく、他にも前立腺肥大や肺動脈生肺高血圧症などのお薬としても使用されています。

ジェネリックED治療薬としても、販売されているシアリスですが、そんなに効果が長い時間続くのなら、副作用も気にしないといけないのかと、気になりますね。では、下記にシアリスの副作用を記していきましょう。
・軽度の頭痛
・顔の火照り
・消化不良
・ほおのあからみ
など、シアリスの日本国内で報告されている副作用については、バイアグラとさほど変わりはありません。外国で報告されている副作用は、少し違うようです。外国で報告されている副作用についても記していきましょう。
・頭痛
・消化不良
・背部痛
・筋痛
・ほおのあからみ
・鼻閉
・四肢痛
などが、外国でのシアリスの副作用として報告されています。

鼻閉や四肢痛は10人に1人の割合で、外国で報告されたシアリスの副作用です。お薬にははつきものですが、こちらもバイアグラと同じで、効果が薄れていくのと同時に副作用も薄れていきます。

しかしながら、シアリスもED治療薬の薬品ですので、重大な副作用が出てしまうこともあります。下記に記すのは、これらの症状は、稀にしかおこらないシアリスの副作用ですが、下記の症状が現れた場合は、シアリスの服用を直ちに中止し、病院へ行かなくてはなりません。
・発疹
・顔面浮腫
・剥脱性皮膚炎
・蕁麻疹 
・Stevens-Johnson症候群※皮膚粘膜眼症候群

ここまで読むと、副作用が怖くて性行為どころではないと思われるでしょうが、きちんとして知識をシアリス服用前に持っておくことで、安心して服用できるというものです。
シアリス

シアリス

シアリスの特徴

金曜日の夜に服用すると、日曜日の朝まで効果が持続しますので、海外では「ウィークエンド・フィール」と呼ばれるほど人気のある勃起不全治療剤です。シアリス服用のタイミングは、性行為の30分から1時間前に服用しなさい。 レビトラと同様に、食事の影響を受けません。 シアリス作用時間は服用後24〜36時間で長時間効果があります。

価格 10錠で2,500円
評価 評価3.5